索引

お嬢さん スペシャル・エクステンデッド版&劇場公開版 2枚組 [Blu-ray]
ホワイトリリー [Blu-ray]
ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気

ガールズラブ関連作品五十音順索引

アイノカラダ
 青いメビウス
 赤い航路
 赤毛のアン/アンの青春
 暁に斬る!(秘)尼寺の闇をあばけ
 悪魔のKISS
 アナザヘヴン~eclipse~
 あなたに出会わなければ ~夏雪冬花~
 怪しいお姉さんたち
 アリス・サンクチュアリ
 R-17
 あるセックス・ドクターの記録
 暗殺の森
荊の城
 彩られし女性
歌追い人
 美しければそれでいい
 美しさと哀しみと
 ウーマン・ラブ・ウーマン
 麗わしき鬼
 噂の二人
 運命の死化粧師
エマニエルの美女
 エル おんなの瞬間
お熱いのがお好き
 大奥(1968年)
 大奥(1983年)
 大奥十八景
 大奥(秘)物語
 お嬢さん
 乙女の祈り
 OPEN HOUSE
 ALL THE THINGS SHE SAID
 女教師6
 女刑事RIKO 女神の永遠
 女ともだち(自梳)
 女の都
解放区
 カウガール・ブルース
 帰ってきて、おじさん
 カゲロウ
 風の絵師
 彼女たちの関係
 カラーパープル
 ガールズ 恋の初体験
 河内カルメン
 管你的擁抱 fyf
偽婚男女
 岸辺のアルバム
 鬼子母神 ~娘を助けて!
 KISSingジェシカ
 喜多郎の十五少女漂流記
 京都妖怪地図(3)
 凶犯
 霧の子午線
 金曜日の妻たちへ3 恋におちて
くノ一忍法
 Club Friday the Series 3
 Club Friday the Series 8
 クリスチナ女王
 クルーエル・インテンションズ
 くれなゐ
汚れた肉体聖女
 恋のエチュード
 恋の友だち ─ミス千葉の犯罪
 高校教師
 GO!GO!チアーズ
 氷の微笑
 KO-SO-KO-SO
 蝴蝶 羽化する官能
 KOKKURI こっくりさん
彩虹的第八种颜色
 最美的决定
 櫻の園
 柘榴館
 沙粧妙子 帰還の挨拶
 SASORI IN U.S.A.
 殺意の夏
 サテリコン
 さよなら夏のリセ
しあわせ色のルビー
 四季・奈津子
 事後菸
 シスター・オブ・ドラゴン/天女武闘伝
 嫉妬
 シーバース
 姉妹
 姉妹(Le Sorelle)
 終電車
 修道女
 17歳のカルテ
 少女たちの遺言
 しようよ♡
 ショー・ミー・ラヴ
 深紅
スウィッチ 素敵な彼女?
 スウォーズマン 女神復活の章
 素顔の私を見つめて…
 スカーレットレター
 スキャンダル
贅沢な骨
 制服の処女
 世間情
早春物語
 続・大奥(秘)物語
 続・禁断のインモラル
 卒業するキッス
 その時、ハートは盗まれた
台風クラブ
 Tatto -刺青-
 ダブル・インパクト
 W Sexy
 誰記得(誰かは記憶します)
 ダロウェイ夫人
 タンク・ガール
小さな悪の華
 チェイシング・エイミー
 ちぎれた愛の殺人
 血とバラ
 チャイニーズ・ゴースト・ストーリー3
 中国の植物学者の娘たち
翼をください
テルマ&ルイーズ
 天使と悪魔の美女
同窓会
 盗聴
 Dr.Tと女たち
 富江
 ドラキュラ
 トラブル・メーカー
夏・体験物語
 夏・体験物語2
 夏雪薇安之念念不忘
 七月与安生
 難得 Precious
錦鯉抄
 你不要我(Abandoned)
 日本のおんな
盗まれた情事
眠狂四郎 悪女狩り
ハイ・アート
 ハイヤー・ラーニング
 8人の女たち
 バッド・ガールズ
 バッド・トリップ
 華の愛 遊園驚夢
 Perfect time
 パラダイスサーティー
 バンパイア・ラヴァーズ
ピストルオペラ
 必殺仕掛人 大奥女中殺し
 ひとり暮らし
 秘密ドールズ
 昼顔
 秘録おんな寺
female「Dancing Erotic Female」
 female「桃」
 不一様又怎様
 深く潜れ〜八犬伝2001〜
 ブラック・ウィドー
 プラトニック・セックス
 blue
放熱ララバイ
 ボクらはいつも恋してる!金枝玉葉2
 牡丹と薔薇
 ボディヒート
 ホテル・ニューハンプシャー
 炎の二人
 ホルモンズ
 香港淫殺倶楽部/ポイズン・ガールズ
マイラ
 マジック&ロス
 松本清張おんなシリーズ「指」
 繭をつくる女
 卍(まんじ)1964年
 卍 ベルリン・アフェア
ミス・アンの秘密の日記
 未来は女のものである
女鹿
 メロディーズ
モロッコ
夜間飛行(慌心假期)
 夜蝶
 屋根裏の散歩者
 闇のバイブル/聖少女の詩
誘惑者
 百合フィーバー
ラストエンペラー
 ラ・ピラート
 ラブ&ポップ
 ラブコンプレックス
 LOVE/JUICE
 ラブ マイ ライフ
ルージュ ROUGE
 ルビーフルーツ
 ルームメイト
ローズ
ワイルドシングス
 罠の女

「バッド・ガールズ」ガールズ西部劇の中の女同士のラブシーン

「バッド・ガールズ」(原題:Bad Girls)は1994年公開のアメリカ映画。4人の美人女優の華麗なる競演で、荒野を馬で駆け、見事なガンさばきで男たちを相手に戦う女たちの雄姿を描いた西部劇。ベテランのスタント・コーディネーター、ウォルター・スコットの指導の下で3週間のキャンプを張った女優陣のスポーティかつセクシーなアクションと「アラモ」のものを流用したオープン・セットが見もの。ケン・フリードマンとヨランデ・フィンチの脚本をジョナサン・カプランが監督。製作はアルバート・ラディとアンドレ・モーガン、そしてヨランデの実子チャールズ・フィンチ。エグゼクティヴ・プロデューサーはリンダ・オスト。撮影はラルフ・ボード、音楽はジェリー・ゴールドスミス。編集はジェーン・カーソン、衣装はスージー・デ・サントと、女性スタッフが多く参加している。

◎主なスタッフ・キャスト
 監督:ジョナサン・カプラン
 ドリュー・バリモア(リリー)
 アンディ・マクダウェル(アイリーン)

◎ストーリー
1890年代、西部のエコーシティ。サロンを経営するマダムのコーディ(マデリーン・ストウ)は、娼婦に嫌がらせをする軍人を射殺したため、縛り首の刑を宣告される。処刑寸前の彼女を、それぞれ不幸な境遇から娼婦となったアニータ(メアリー・スチュアート・マスターソン)、アイリーン(アンディ・マクダウェル)、リリー(ドリュー・バリモア)が救った。4人は、アニータの亡夫が残したオレゴンの土地の権利書とコーディの貯金を元手に、製材所を始めることにした。

出典:キネマ旬報社データベースほかから引用しました。

固い絆で結ばれた娼婦仲間4人のうちアイリーン(アンディ・マクダウェル)とリリー(ドリュー・バリモア)がふざけてチューするシーンがあります。

「バッド・ガールズ」ドリュー・バリモアとアンディ・マクダウェルのラブシーン01

そしてラストシーンでアイリーンと別れることになった3人のうちコーディ(マデリーン・ストウ)とアニータ(メアリー・スチュアート・マスターソン)がそれぞれアイリーンとハグを交わし別れを惜しんで出て行きます。

「バッド・ガールズ」ドリュー・バリモアとアンディ・マクダウェルのラブシーン02

しかし、アイリーンと仲の良かったリリーは別れるのが辛くて外で落ち込んでいます。

「バッド・ガールズ」ドリュー・バリモアとアンディ・マクダウェルのラブシーン03

アニータに促されたリリーは最後にアイリーンに駆け寄り泣きながら抱き締め合って愛情に包まれた後指にキスをします。

「バッド・ガールズ」ドリュー・バリモアとアンディ・マクダウェルのラブシーン04

YouTubeの予告編はこちら。


バッド・ガールズ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ PVランキング GPRESS

「ボディヒート」より、ドリュー・バリモアが女友達を誘惑してキスするシーン

「ボディヒート」(原題:Poison Ivy)は1992年公開のアメリカ映画。美しく残酷な少女に翻弄される一家の悲劇を描くサスペンス・ドラマ。監督・脚本は女優出身で、ロジャー・コーマンの下で修行したカット・シー・ルーベン、製作・脚本はアンディ・ルーベン、エグゼクティヴ・プロデューサーはピーター・モーガンとメリッサ・ゴダード、撮影はフェドン・パパマイケル、音楽はアーロン・デイヴィスが担当。

◎主なスタッフ・キャスト
 監督:カット・シー・ルーベン
 ドリュー・バリモア(アイヴィ)
 サラ・ギルバート(シルビー)

◎ストーリー
ハイスクールに通うシルビー(サラ・ギルバート)は、数日前に出会った、足に十字架と蔦の入れ墨をした魅力的な少女(ドリュー・バリモア)と校内の自習室で再会する。シルビーは、車で迎えに来た父・ダリル(トム・スケリット)に少女を自分の親友のアイヴィと紹介し、一緒に車に乗せる。肺気種にかかり絶対安静中の母ジョージー(シェリル・ラッド)は、最初アイヴィを不良として嫌うが、彼女の不幸な境遇を知り、クーパー家に引き取り、娘のように可愛いがりはじめた。ホーム・パーティの後、ダリルを誘惑したアイヴィは、ジョージーからは相談相手として信頼され、もはやクーパー家を意のままに操れるようになっていた。

出典:キネマ旬報社データベースから引用しました。

地味で内気な女子高生シルビー(サラ・ギルバート)は自分と対照的な性格の美少女アイヴィ(ドリュー・バリモア)と出会い恋に落ちてしまいます。

「ボディヒート」ドリュー・バリモアとサラ・ギルバートのキスシーン01

ある日アイヴィに「愛してる」と言われたシルビーは自分なんか相手にされないと謙遜しつつ「私も愛してるわ」とぼそっと告白してしまいます。
その時いきなりアイヴィが照れて俯いているシルビーの顔に手を添え振り向かせてキスをします。

「ボディヒート」ドリュー・バリモアとサラ・ギルバートのキスシーン02

恋しい友達からの不意のキスに驚いたシルビーは内心の興奮を悟られないように振る舞いますが居たたまれなくなり逃げるようにその場を立ち去ります。

「ボディヒート」ドリュー・バリモアとサラ・ギルバートのキスシーン03

ラストシーンでシルビーは死んだ母親(シェリル・ラッド)の幻を見て興奮し母親とキスを交わします。
しかしキスの最中に舌を入れられたことに驚き、相手が母親の衣装を着たアイヴィだと気づいてすべてを悟りバトルが始まります。

「ボディヒート」ドリュー・バリモアとサラ・ギルバートのキスシーン04

予告編はこちら。


にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ PVランキング GPRESS
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
  • SEOブログパーツ