索引

お嬢さん スペシャル・エクステンデッド版&劇場公開版 2枚組 [Blu-ray]
ホワイトリリー [Blu-ray]
ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気

ガールズラブ関連作品五十音順索引

アイノカラダ
 愛の新世界
 青いメビウス
 赤い航路
 赤毛のアン/アンの青春
 暁に斬る!(秘)尼寺の闇をあばけ
 悪魔のKISS
 アナザヘヴン~eclipse~
 あなたに出会わなければ ~夏雪冬花~
 怪しいお姉さんたち
 アリス・サンクチュアリ
 R-17
 あるセックス・ドクターの記録
 暗殺の森
荊の城
 彩られし女性
歌追い人
 美しければそれでいい
 美しさと哀しみと
 ウーマン・ラブ・ウーマン
 麗わしき鬼
 噂の二人
 運命の死化粧師
エマニエルの美女
 エル おんなの瞬間
お熱いのがお好き
 大奥(1968年)
 大奥(1983年)
 大奥十八景
 大奥(秘)物語
 お嬢さん
 乙女の祈り
 OPEN HOUSE
 ALL THE THINGS SHE SAID
 女教師6
 女刑事RIKO 女神の永遠
 女ともだち(自梳)
 女の都
解放区
 カウガール・ブルース
 帰ってきて、おじさん
 カゲロウ
 風の絵師
 彼女たちの関係
 カラーパープル
 ガールズ 恋の初体験
 河内カルメン
 管你的擁抱 fyf
偽婚男女
 岸辺のアルバム
 鬼子母神 ~娘を助けて!
 KISSingジェシカ
 喜多郎の十五少女漂流記
 京都妖怪地図(3)
 凶犯
 霧の子午線
 金曜日の妻たちへ3 恋におちて
くノ一忍法
 Club Friday the Series 3
 Club Friday the Series 8
 クリスチナ女王
 クルーエル・インテンションズ
 くれなゐ
汚れた肉体聖女
 恋のエチュード
 恋の友だち ─ミス千葉の犯罪
 高校教師
 GO!GO!チアーズ
 氷の微笑
 KO-SO-KO-SO
 蝴蝶 羽化する官能
 KOKKURI こっくりさん
彩虹的第八种颜色
 最美的决定
 櫻の園
 柘榴館
 沙粧妙子 帰還の挨拶
 SASORI IN U.S.A.
 殺意の夏
 サテリコン
 さよなら夏のリセ
しあわせ色のルビー
 四季・奈津子
 事後菸
 シスター・オブ・ドラゴン/天女武闘伝
 嫉妬
 シーバース
 姉妹
 姉妹(Le Sorelle)
 終電車
 修道女
 17歳のカルテ
 少女たちの遺言
 しようよ♡
 ショー・ミー・ラヴ
 深紅
スウィッチ 素敵な彼女?
 スウォーズマン 女神復活の章
 素顔の私を見つめて…
 スカーレットレター
 スキャンダル
贅沢な骨
 制服の処女
 世間情
早春物語
 続・大奥(秘)物語
 続・禁断のインモラル
 卒業するキッス
 その時、ハートは盗まれた
台風クラブ
 太陽の季節
 Tatto -刺青-
 ダブル・インパクト
 W Sexy
 誰記得(誰かは記憶します)
 ダロウェイ夫人
 タンク・ガール
小さな悪の華
 チェイシング・エイミー
 ちぎれた愛の殺人
 血とバラ
 チャイニーズ・ゴースト・ストーリー3
 中国の植物学者の娘たち
翼をください
テルマ&ルイーズ
 天使と悪魔の美女
同窓会
 盗聴
 Dr.Tと女たち
 富江
 ドラキュラ
 トラブル・メーカー
夏・体験物語
 夏・体験物語2
 夏雪薇安之念念不忘
 七月与安生
 難得 Precious
錦鯉抄
 你不要我(Abandoned)
 日本のおんな
盗まれた情事
眠狂四郎 悪女狩り
ハイ・アート
 ハイヤー・ラーニング
 8人の女たち
 バッド・ガールズ
 バッド・トリップ
 華の愛 遊園驚夢
 Perfect time
 パラダイスサーティー
 バンパイア・ラヴァーズ
ピストルオペラ
 必殺仕掛人 大奥女中殺し
 ひとり暮らし
 秘密ドールズ
 昼顔
 秘録おんな寺
female「Dancing Erotic Female」
 female「桃」
 不一様又怎様
 深く潜れ〜八犬伝2001〜
 ブラック・ウィドー
 プラトニック・セックス
 blue
放熱ララバイ
 ボクらはいつも恋してる!金枝玉葉2
 牡丹と薔薇
 ボディヒート
 ホテル・ニューハンプシャー
 炎の二人
 ホルモンズ
 香港淫殺倶楽部/ポイズン・ガールズ
マイラ
 マジック&ロス
 松本清張おんなシリーズ「指」
 繭をつくる女
 卍(まんじ)1964年
 卍 ベルリン・アフェア
ミス・アンの秘密の日記
 未来は女のものである
女鹿
 メロディーズ
モロッコ
夜間飛行(慌心假期)
 夜蝶
 屋根裏の散歩者
 闇のバイブル/聖少女の詩
誘惑者
 百合フィーバー
ラストエンペラー
 ラ・ピラート
 ラブ&ポップ
 ラブコンプレックス
 LOVE/JUICE
 ラブ マイ ライフ
ルージュ ROUGE
 ルビーフルーツ
 ルームメイト
ローズ
ワイルドシングス
 罠の女

「秘録おんな寺」より、尼僧同士のラブシーン

「秘録おんな寺」1969年公開の大映映画。兄の敵を討つために尼寺へ入った町娘のお春が、そこで異常性愛を体験するという「秘録」シリーズの一本。「続・秘録おんな牢」の浅井昭三郎がシナリオを執筆し、「兵隊やくざ強奪」の田中徳三が監督。撮影は「続・秘録おんな牢」の牧浦地志。

◎主なスタッフ・キャスト
 監督:田中徳三
 大楠道代(お春、のち尼となり春香と改名)
 田中三津子(恵秀)

◎ストーリー
江戸根岸の芳照寺に町娘お春(大楠道代)が駈け込んで来た。お春は罪亡ぼしのために尼を志願したと言ったが、本心はこの寺の門跡紫月院(しめぎしがこ)を兄の仇と狙ってのことだった。この紫月院は、異常性格者でその乱行は、お春の目をおおわせた。お春の寺入りの式は、壮厳でも厳粛でもなかった。お春は全裸にされ、尼僧全員の見守る中で、阿弥陀仏と夫婦の契りを結ばされる始末だった。その時、寺内は地位をめぐっての派閥争いがあり、地獄さながらの罪業のるつぼと化していた。やがて、お春は先輩の尼・恵秀(田中三津子)を同性愛じかけでまるめこみ紫月院に近づいていった。

出典:キネマ旬報社データベースから引用しました。

町娘お春(大楠道代)は兄が尼寺の門跡・紫月院(しめぎしがこ)に殺されたのではないかと疑い証拠を見つけるために寺に入り込み尼の見習いとなって春香と名付けられます。
寺の夜回りの途中春香は先輩尼僧の恵秀(田中三津子)に待ち伏せされ部屋に連れ込まれて口説かれます。

「秘録おんな寺」大楠道代と田中三津子の尼僧同士のラブシーン01
「秘録おんな寺」大楠道代と田中三津子の尼僧同士のラブシーン02

春香は恵秀に言い寄られても嫌がらず素直に抱かれたあと、悦ばせた見返りとして仕切り口の向こうの紫月院の部屋を見たいとおねだりします。

「秘録おんな寺」大楠道代と田中三津子の尼僧同士のラブシーン03
「秘録おんな寺」大楠道代と田中三津子の尼僧同士のラブシーン04

色欲に負けた恵秀は春香の頼みを聞いて仕切り口を開け、春香はまんまと紫月院の部屋に忍び込むことに成功します。



おんな極悪帖鈴木清順監督 浪漫三部作 DVD-BOXセックス・チェック 第二の性尼寺
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ PVランキング GPRESS

「柘榴館」より、不気味な洋館に住むインモラルな雰囲気の兄妹に弄ばれる女性

「柘榴館」1997年に劇場公開された日本映画。柘榴館と呼ばれる不気味な洋館に住む名門一族の愛憎と狂気を描いたエロティック・ミステリー。監督は『透視する女』伊藤秀裕。原作は『花園の迷宮』などで知られる女流ミステリー作家・山崎洋子の同名小説で、伊藤と井上正子が脚本化した。撮影は「流れ板七人」の安藤庄平がつとめている。主演は「うなぎ」清水美砂

◎主なスタッフ・キャスト
 監督:伊藤秀裕
 清水美砂(森岡沙季)
 朱門みず穂(立花希和)

◎ストーリー
人里離れた山道にたたずむ立花家の壮麗な洋館を、周囲の人々は畏怖の念を込めて“柘榴館”と呼んでいた。住み込みで一族の長老・久代(鰐淵晴子)の世話をすることになった森岡沙季(清水美砂)は、陰鬱な空気の漂うこの屋敷に言い知れぬ不安を感じる。気難しい久代は初めは沙季のことを見向きもしなかったが、沙季の親身な介護にやがて心を開き始めた。しかし同時に、沙季は立花家の人々が揃って狂気すれすれの緊張を宿しながら生きていることも目の当たりにする。久代は「医者の血を絶やしてはならない」という家訓に異常な固執を見せ、久代の娘・香織(朝加真由美)は冷えきった夫・隆二(本田博太郎)との関係に疲れ果てて、麻薬にすがって生きていた。立花病院の院長である隆二は、立花家の家訓によって養子に迎えられた引け目から、身の置き所のない酒浸りの毎日を送り、偶然にも沙季の親友の敬子(樋口かおる)と不倫関係にある。さらにこの夫婦のふたりの子供、煉(松岡俊介)と希和(朱門みず穂)は、兄妹の絆を逸脱したただならぬ仲にあった。

出典:キネマ旬報社データベースから引用しました。

柘榴館 柘榴館 人間椅子 ピカレスク 人間失格
「柘榴館」1997年 監督:伊藤秀裕

周囲から隔絶するように荘厳な雰囲気でそびえ立つ古い洋館に住む煉(松岡俊介)と希和(朱門みず穂)は、純血主義の祖母久代(鰐淵晴子)の躾けにより外界との交流を閉ざし実の兄妹でありながら肉体関係を持っております。
久代の介護をする為にこの屋敷に住み込むことになった沙季(清水美砂)はこの家族のただならぬ雰囲気に接して内心穏やかでありません。
ある日沙季は、希和に呼ばれてダンスの相手をさせられた際に希和が甘えるように抱きついてきたのでうろたえてしまいます。

「柘榴館」清水美砂と朱門みず穂のラブシーン01

体と体が密着し希和の温もりを感じて落ち着きなく踊っていたら希和と入れ替わりに煉が沙季とチークダンスを始めます。
けだるいムードに酔いソファーに頽れた沙季に向かって希和が白い裸身を晒して迫ってきます。
煉も沙季の横に座り沙季のシャツのボタンをはずしにかかります。
煉の手が沙季の胸の奥に忍び込むと同時に希和が沙季の耳元に吐息を吹きかけ頬に唇を押し付けます。

「柘榴館」清水美砂と朱門みず穂のラブシーン02

さらに煉の手がスカートの裾から沙季の太腿に割り込んで来ても沙季は魅入られたように抵抗も出来ないまま切ない吐息を漏らすばかりです。
すると今度は希和が沙季の目の前に指に乗せた生きた小鳥を突き出しそれを握りつぶして殺してしまいます。
沙季が驚いてその光景に目を奪われている間に煉は沙季の下履きをするりと脱がせ足元から沙季の脚を奥に向かって舐め上げます。
煉と希和は沙季の体に覆いかぶさり二人で沙季を挟むようにして顔や体に舌を這わせ続けます。

「柘榴館」清水美砂と朱門みず穂のラブシーン03

二人から執拗な愛撫を受けて異様な快感が体の奥から湧き上がってきた沙季は淫靡な快楽にのめり込み我を忘れてしまいます。

「柘榴館」清水美砂と朱門みず穂のラブシーン04

一瞬気を失ったあと目が覚めた沙季は今まで沙季の体をもてあそんでいた煉と希和が隣で全裸で絡み合う姿を見て愕然とするのでありました。



おこげ赤い橋の下のぬるい水透視する女うなぎ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ PVランキング GPRESS

「沙粧妙子 帰還の挨拶」より、浅野温子と中谷美紀のキスシーン

「沙粧妙子 帰還の挨拶」は、1997年フジテレビ系列で放送された「沙粧妙子 -最後の事件-」シリーズのスペシャルドラマ。副題は「バラで飾った美人の死体とスタンガン婦女暴行魔は殺したはずの恋人からのギフト?沙粧妙子ついに復帰 THE RETURN SALUTE SASHOW」。精神的ダメージから3年間現場を離れていた妙子が、再び事件の渦中へ…。SMAPの草なぎ剛と中谷美紀のキレた演技は必見。アイドルから演技派俳優への1歩を踏み出した。

◎主なスタッフ・キャスト
 演出:河毛俊作
 浅野温子(沙粧妙子)
 中谷美紀(麻生萌子)

◎ストーリー
あれから一年と数ヶ月。東大出身の新卒キャリア・竹本哲夫(高橋克典)は、警視庁捜査一課での研修を控え、最後の夜を恋人の千野菜緒子(秋本祐希)と過ごしていた。そこへいきなり課長の高坂睦男警部(蟹江敬三)から電話が入り、殺人事件の現場に呼びつけられる。到着すると、プールに沈む死体が引き上げられようとするところだった。だが、遺体が浮かび上がる瞬間、大量の薔薇の花びらが水面に広がる。しかも、死体の手の爪ははがされ、握りしめていたロケットには、沙粧妙子(浅野温子)の写真が入っていた。高坂は愕然とする。「あの事件」そのままだ──。いったい何者の仕業なのか…。あわてふためく警察を、遠くから観察してほくそえむ謎の男(草なぎ剛)がいた。そのころ妙子は、長野県で陶芸づくりの見習いをしていた。結婚して笹井姓にかわった妹・美代子(黒谷友香)は、出産を間近に控え幸せいっぱいだった。しかし妙子は、吉村良明(伊武雅刀)のカウンセリングを受けていたものの、いまだに過去のことを忘れられずにいた。その日のカウンセリングが終わり、下宿先の時計修理屋・成瀬 篤(森本レオ)の家に帰宅した妙子。届け物があった。なんとそれはあの事件を思い起こさせる忌まわしい薔薇の花束だった。添えられていたカードには、こうあった。「妙子へ 新しい物語の始まりを祝して」──。

出典:テレビドラマ・データベースほかネットの情報から引用しました。

沙粧妙子 帰還の挨拶 沙粧妙子 最後の事件+帰還の挨拶(SPドラマ)DVDコンプリートBOX 沙粧妙子 最後の事件 ケイゾク
「沙粧妙子 帰還の挨拶」1997年フジテレビ

女刑事・沙粧妙子(浅野温子)に追いつめられたサイコ殺人犯・麻生萌子(中谷美紀)が突然エキセントリックな表情で妙子の唇を奪い虚をついて逃げ去るシーンと、

「沙粧妙子 帰還の挨拶」浅野温子と中谷美紀のキスシーン01
「沙粧妙子 帰還の挨拶」浅野温子と中谷美紀のキスシーン02

ラストで捕えた萌子に妙子がキスのお返しをして勝ち誇ったように去って行くシーンがあります。

「沙粧妙子 帰還の挨拶」浅野温子と中谷美紀のキスシーン03

ご両人のお顔が同時に映っているカットがなく替え玉ではないかとの疑念を拭い切れません(笑)。



R-17ゴーストライター渇き。陽暉楼
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ PVランキング GPRESS

「OPEN HOUSE」より、鏡に写った相手にキスしようとして女同士でキスするシーン

「OPEN HOUSE」は、2003年に劇場公開された松竹映画。「GO」「贅沢な骨」行定勲監督の長編映画初監督作品。1998年6月みちのく国際ミステリー映画祭'98 in 盛岡にて上映され、新人監督奨励賞を受賞。以来5年間の時を経て待望の劇場公開となる。原作は、芥川賞作家・辻仁成の『オープンハウス』。出演者は「アニムスアニマ」椎名英姫「タイム・リープ」の川岡大次郎、「ルビーフルーツ」南果歩

◎主なスタッフ・キャスト
 監督:行定勲
 椎名英姫(ミツワ)
 南果歩(ユイコ)

◎ストーリー
売れないモデルのミツワ(椎名英姫)の仕事は、折込チラシのモデルばかり。そんな仕事でもこなしていかなければならないことに、行き場のない苛立ちを感じている。あるパーティーで掴みあいのケンカをしたミツワは、泥酔して店から追い出され、トモノリと出会う。その夜、トモノリはミツワを介抱し、家まで送る。翌朝、目を覚ましたミツワは、トモノリの存在に驚く。トモノリは動揺しながらも状況をミツワに説明する。ミツワは一人トイレにこもり、昨夜の記憶をたどる。そんな奇妙な出会いから、ミツワとトモノリの奇妙な共同生活が始まる。

出典:キネマ旬報社データベースから引用しました。

OPEN HOUSE  贅沢な骨 アニムスアニマ
「OPEN HOUSE」2003年松竹 監督:行定勲

停電中の化粧室でキャンドルの明かりに照らされてメイクの前に佇んでいるウェディングドレス姿のミツワ(椎名英姫)とメイク係の女性。
ふとミツワが思いつめたように「なんでに写った相手にキスできないんでしょう?」と妙なことを言い出します。
メイクさんは「そうだよね、顔そこにあるのにね。きっとお互い唇が見えてる位置が違うんじゃない?」と応じます。

「OPEN HOUSE」椎名英姫が鏡の自分にキスするシーン01

ミツワはに向かって身を乗り出しメイクさんに方向を指示されながらの向こうのメイクさんにキスしようと試みます。

「OPEN HOUSE」椎名英姫が鏡の自分にキスするシーン02

努力も虚しくキスできなくて肩を落としているミツワに声をかけ振り向かせたメイクさんはいきなりミツワの唇を奪い

「OPEN HOUSE」椎名英姫とメイクの女性のキスシーン

「ね、簡単でしょ。結局相手と向き合わないでキスしようなんて無理なことなのよ」と言ってミツワに優しく微笑みかけます。
思いがけず女性と本当にキスしてしまったミツワはどうリアクションして良いか分からず鏡の中の自分自身を見つめ続けるのでありました。

「OPEN HOUSE」椎名英姫とメイクの女性が向かい合うシーン



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ PVランキング GPRESS
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
  • SEOブログパーツ