索引

お嬢さん スペシャル・エクステンデッド版&劇場公開版 2枚組 [Blu-ray]
ホワイトリリー [Blu-ray]
ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気

ガールズラブ関連作品五十音順索引

アイノカラダ
 愛の新世界
 青いメビウス
 赤い航路
 赤毛のアン/アンの青春
 暁に斬る!(秘)尼寺の闇をあばけ
 悪魔のKISS
 アナザヘヴン~eclipse~
 あなたに出会わなければ ~夏雪冬花~
 怪しいお姉さんたち
 アリス・サンクチュアリ
 R-17
 あるセックス・ドクターの記録
 暗殺の森
荊の城
 彩られし女性
歌追い人
 美しければそれでいい
 美しさと哀しみと
 ウーマン・ラブ・ウーマン
 麗わしき鬼
 噂の二人
 運命の死化粧師
エマニエルの美女
 エル おんなの瞬間
お熱いのがお好き
 大奥(1968年)
 大奥(1983年)
 大奥十八景
 大奥(秘)物語
 お嬢さん
 乙女の祈り
 OPEN HOUSE
 ALL THE THINGS SHE SAID
 女教師6
 女刑事RIKO 女神の永遠
 女ともだち(自梳)
 女の都
解放区
 カウガール・ブルース
 帰ってきて、おじさん
 カゲロウ
 風の絵師
 彼女たちの関係
 カラーパープル
 ガールズ 恋の初体験
 河内カルメン
 管你的擁抱 fyf
偽婚男女
 岸辺のアルバム
 鬼子母神 ~娘を助けて!
 KISSingジェシカ
 喜多郎の十五少女漂流記
 京都妖怪地図(3)
 凶犯
 霧の子午線
 金曜日の妻たちへ3 恋におちて
くノ一忍法
 Club Friday the Series 3
 Club Friday the Series 8
 クリスチナ女王
 クルーエル・インテンションズ
 くれなゐ
汚れた肉体聖女
 恋のエチュード
 恋の友だち ─ミス千葉の犯罪
 高校教師
 GO!GO!チアーズ
 氷の微笑
 KO-SO-KO-SO
 蝴蝶 羽化する官能
 KOKKURI こっくりさん
彩虹的第八种颜色
 最美的决定
 櫻の園
 柘榴館
 沙粧妙子 帰還の挨拶
 SASORI IN U.S.A.
 殺意の夏
 サテリコン
 さよなら夏のリセ
しあわせ色のルビー
 四季・奈津子
 事後菸
 シスター・オブ・ドラゴン/天女武闘伝
 嫉妬
 シーバース
 姉妹
 姉妹(Le Sorelle)
 終電車
 修道女
 17歳のカルテ
 少女たちの遺言
 しようよ♡
 ショー・ミー・ラヴ
 深紅
スウィッチ 素敵な彼女?
 スウォーズマン 女神復活の章
 素顔の私を見つめて…
 スカーレットレター
 スキャンダル
贅沢な骨
 制服の処女
 世間情
早春物語
 続・大奥(秘)物語
 続・禁断のインモラル
 卒業するキッス
 その時、ハートは盗まれた
台風クラブ
 太陽の季節
 Tatto -刺青-
 ダブル・インパクト
 W Sexy
 誰記得(誰かは記憶します)
 ダロウェイ夫人
 タンク・ガール
小さな悪の華
 チェイシング・エイミー
 ちぎれた愛の殺人
 血とバラ
 チャイニーズ・ゴースト・ストーリー3
 中国の植物学者の娘たち
翼をください
テルマ&ルイーズ
 天使と悪魔の美女
同窓会
 盗聴
 Dr.Tと女たち
 富江
 ドラキュラ
 トラブル・メーカー
夏・体験物語
 夏・体験物語2
 夏雪薇安之念念不忘
 七月与安生
 難得 Precious
錦鯉抄
 你不要我(Abandoned)
 日本のおんな
盗まれた情事
眠狂四郎 悪女狩り
ハイ・アート
 ハイヤー・ラーニング
 8人の女たち
 バッド・ガールズ
 バッド・トリップ
 華の愛 遊園驚夢
 Perfect time
 パラダイスサーティー
 バンパイア・ラヴァーズ
ピストルオペラ
 必殺仕掛人 大奥女中殺し
 ひとり暮らし
 秘密ドールズ
 昼顔
 秘録おんな寺
female「Dancing Erotic Female」
 female「桃」
 不一様又怎様
 深く潜れ〜八犬伝2001〜
 ブラック・ウィドー
 プラトニック・セックス
 blue
放熱ララバイ
 ボクらはいつも恋してる!金枝玉葉2
 牡丹と薔薇
 ボディヒート
 ホテル・ニューハンプシャー
 炎の二人
 ホルモンズ
 香港淫殺倶楽部/ポイズン・ガールズ
マイラ
 マジック&ロス
 松本清張おんなシリーズ「指」
 繭をつくる女
 卍(まんじ)1964年
 卍 ベルリン・アフェア
ミス・アンの秘密の日記
 未来は女のものである
女鹿
 メロディーズ
モロッコ
夜間飛行(慌心假期)
 夜蝶
 屋根裏の散歩者
 闇のバイブル/聖少女の詩
誘惑者
 百合フィーバー
ラストエンペラー
 ラ・ピラート
 ラブ&ポップ
 ラブコンプレックス
 LOVE/JUICE
 ラブ マイ ライフ
ルージュ ROUGE
 ルビーフルーツ
 ルームメイト
ローズ
ワイルドシングス
 罠の女

「スウィッチ」より、エレン・バーキンとジョベス・ウィリアムスのキスシーンほか

「スウィッチ 素敵な彼女?」(原題:Switch)は1991年公開のアメリカ映画。死んだプレイボーイが女性になって現世に復活、名誉挽回を図るファンタジー・コメディ。監督は「ティファニーで朝食を」「ピンクパンサー」シリーズのブレイク・エドワーズ、製作はトニー・アダムス、エグゼクティヴ・プロデューサーはアーノン・ミルチャンとパトリック・ワックスバーガー、撮影はディック・ブッシュ、音楽は「ティファニーで朝食を」ほかエドワーズ監督の諸作品を手掛けているヘンリー・マンシーニ、編集はロバート・パーガメント、美術はロジャー・マウスがそれぞれ担当。

◎主なスタッフ・キャスト
 監督:ブレイク・エドワーズ
 エレン・バーキン(アマンダ)
 ロレイン・ブラッコ(シーラ)
 ジョベス・ウィリアムス(マーゴ)

◎ストーリー
女癖の悪さから、女性たちの恨みを買って殺された広告マンのスティーヴ(ペリー・キング)。彼は神様から、本当に愛してくれる女性を見つけたら、天国に迎え入れるという条件を付けられ現世に送り戻される。が、それを見ていた悪魔が、彼の姿をアマンダ(エレン・バーキン)という女性にしてしまった。現世に戻り、自室で女に生まれ変わっている事に気がつく。しかも飛びっ切りイイ女に……。男物のスーツに着替え、自分を殺した張本人のマーゴ(ジョベス・ウィリアムス)たちの所へ乗り込む。その後化粧品会社のシーラ(ロレイン・ブラッコ)を以前の調子で引っかけたつもりが、実は彼女はレズの男役だったのだ。打ちのめされたアマンダは、ヤケ酒の末、親友ウォルター(ジミー・スミッツ)の子供を宿してしまった。

出典:キネマ旬報社データベースほかから引用しました。

死んだ後女に生まれ変わったアマンダ(エレン・バーキン)が男だった時のガールフレンド マーゴ(ジョベス・ウィリアムス)に会いに行きます。
マーゴは裏事情をすべて知っている謎の女に驚き「一体誰なの?」と言って青ざめてしまいます。
男物のスーツを着たアマンダは男口調で「よく見ろマーゴ、眼は心の窓とよく言うだろ。私の眼をよく見ろ、わからないか」と言ってマーゴに詰め寄ります。
「私だよ マーゴ、スティーヴだ」と男だった時の名前を名乗りマーゴを壁際に追い詰めて睨み付けます。
怯え切ったマーゴは震える声で「バカ言わないで」と言った後アマンダの腕をかいくぐって逃げようとします。
「お前なら分かってくれるはずだがな。人間はみんな誰かの生まれ変わりなのさ」となおもマーゴに迫るアマンダ。
マーゴは恐怖のあまり声も出ません。
アマンダはマーゴの肩を抱きながら「なあマーゴ、お前の元恋人スティーヴさ。この通り女に生まれ変わったというわけ」とにわかには信じ難い事を言います。
「私をよく見て」と言うなりアマンダはマーゴを抱き寄せブチュッと男のようなキスをします。

「スウィッチ」エレン・バーキンとジョベス・ウィリアムスのキスシーン

完全にパニクッてしまったマーゴはそのままバタンと後ろにひっくり返ってしまいます。
アマンダは「そのうちわかるさ。ドレスと口紅を借りるよ」と言ってマーゴの部屋を出て行きます。

その後レズビアンのシーラと知り合ったアマンダはシーラの家の寝室で二人きりになります。
シャンペンを飲んで気分が盛り上がった二人はどちらからともなく誘いを掛けます。
アマンダが慣れない手付きでシーラのイヤリングを外そうとすると、痛がったシーラは「私が取るわ」とアマンダを制します。
緊張で焦りまくリのアマンダは上ずった声で「あの…これを財布に入れてくるわ」と言ってシーラから離れシャンペンをがぶ飲みします。
この時アマンダの心の声は
「これまで経験できなかったようなすばらしい事を期待していた。ところが少しも楽しくない、がっかりだ」
「そこでこう思った。私は見かけは女だが実は完全な男だと。シーラは今すごくセックスしたがってる。今まで通りやればいい…」と自分に言い聞かせます。
そして向かい合った二人は互いに服を脱ぎゆっくりと顔を近付けシーラのリードでキスを交わしますがアマンダの表情は引きつってしまいます。
その時のアマンダの心の声は
「妙なことにパンストで首を絞められたように苦しくなり身体が震えてきた」
「息ができないと思ったらキスされて…そして失神した」

「スウィッチ」エレン・バーキンとロレイン・ブラッコとのラブシーン01

それからある夜アマンダとシーラはドレスアップして恋人同士のように腕を組み大勢の女たちで賑わうレズビアンバーへ入って来ます。
慣れないハイヒールを履いたアマンダは歩くのもままならずガニ股でシーラにすがりついています。
女たちが踊っているダンスの輪の中に入った時アマンダが「誰がリードする?」とシーラに尋ねます。
シーラは「あんたよ」と言ってアマンダにエスコートを促します。
少し照れたアマンダは「リードなんて忘れたわ。感じが出ないわね。ダメだわ」としどろもどろになります。
「じゃ私がやるわ、性に合うのね」と言ったシーラはアマンダをエスコートしながら「もうあんたに夢中よ、困ったわ」と告白します。

「スウィッチ」エレン・バーキンとロレイン・ブラッコとのラブシーン02

シーラの積極的なモーションに怖じ気付いたアマンダは「シーラ やめてよ」と抵抗しますが「いい感じなのに水をささないで」とさらに密着してきます。
焦ったアマンダは「ねえ聞いて」と身体を離してシーラを見つめ「実は何もかも仕事のためよ」と白状してしまいます。
シーラは怒って「それだけ?」と聞き返しますがアマンダは「そうよ」とシーラの目を見ずに答えます。
アマンダの顔を引っ付かんだシ-ラは「男みたいに残酷!」と吐き捨ててその場から出て行ってしまいます。

「スウィッチ」ミュージックビデオ


「スウィッチ」エレン・バーキンとジョベス・ウィリアムスとロレイン・ブラッコ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ PVランキング GPRESS

「ラ・ピラート」より、ジェーン・バーキンとマルーシュカ・デートメルスのラブシーン

「ラ・ピラート」(原題:La Pirate)は1984年公開のフランス映画。ある1人の女をめぐる4人の男女の情念の世界を描く。製作はオリヴィエ・ロルサック、監督・脚本は「小さな赤いビー玉」のジャック・ドワイヨン、撮影はブルーノ・ニュイッテン、音楽はフィリップ・サルドが担当。

◎主なスタッフ・キャスト
 監督:ジャック・ドワイヨン
 ジェーン・バーキン(アルマ)
 マルーシュカ・デートメルス(キャロル)

◎ストーリー
パリ。ブルーのシトロエンの中で、キャロル(マルーシュカ・デートメルス)は、謎の少女(ロール・マルサック)と、元恋人のアルマ(ジェーン・バーキン)の帰りを待っていた。夫アンドリュー(アンドリュー・バーキン)のもとに戻ったアルマは、自分を待っていたキャロルの姿を見つけ熱いキスを交わし一緒に逃亡する。市内のホテルの一室で激しく愛しあうアルマとキャロル。そこへアンドリューの依頼で彼女達を追う“ナンバー5”(フィリップ・レオタール)という男がやってくる。こうしてアルマをめぐって4人の男女による愛の葛藤と追跡が始まる。

出典:キネマ旬報社データベースから引用しました。

「ラ・ピラート」ジェーン・バーキンとマルーシュカ・デートメルスのキスシーン01

謎の少女(ロール・マルサック)を連れたキャロル(マルーシュカ・デートメルス)が元恋人で人妻のアルマ(ジェーン・バーキン)の家の前で待ち伏せしています。

「ラ・ピラート」ジェーン・バーキンとマルーシュカ・デートメルスのキスシーン02

夫アンドリュー(アンドリュー・バーキン)と帰宅したアルマに会いに行ったキャロルはアルマの顔を見るや激しいキスを浴びせます。

「ラ・ピラート」ジェーン・バーキンとマルーシュカ・デートメルスのキスシーン03

その後キャロルはアルマを家から連れ出して恋の逃避行をします。

「ラ・ピラート」ジェーン・バーキンとマルーシュカ・デートメルスのキスシーン04

ホテルで情熱的に愛し合う二人ですが夫の追跡や世間のしがらみとの葛藤の中でむき出しの感情が溢れ出します。

「ラ・ピラート」ジェーン・バーキンとマルーシュカ・デートメルスのラブシーン

ラ・ピラート
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ PVランキング GPRESS

「櫻の園」中島ひろ子が白島靖代に告白してツーショット記念写真を撮るシーン

「櫻の園」1990年に劇場公開された日本映画。毎年創立記念日にチェーホフの「櫻の園」を上演する女子高演劇部を舞台に、それに携わる少女たちの開演までの2時間の出来事を描く。吉田秋生原作の同名漫画の映画化で、脚本は「ノーライフキング」のじんのひろあきが執筆。監督は「猫のように」中原俊。撮影は「君は僕をスキになる」の藤沢順一がそれぞれ担当。

◎主なスタッフ・キャスト
 監督:中原俊
 中島ひろ子(志水由布子)
 白島靖代(倉田知世子)
 つみきみほ(杉山紀子)

◎ストーリー
郊外にある私立櫻華学園高校演劇部では毎春、創立記念日にチェーホフの舞台劇「櫻の園」を上演することが伝統となっていた。そんな開幕2時間前の早朝、小間使いのドゥニャーシャ役の部長・由布子がパーマをかけた髪でやって来た。普段はまじめな由布子の変化に演劇部員たちは驚くが、そんな時、若い従僕ヤーシャ役の紀子が他校の生徒とタバコを吸って補導されたというニュースが部員の間に駆けめぐる。それによって上演中止にまで発展しかけたが、顧問の里美先生のけんめいな説得によってなんとか丸く納まった。男役として人気の知世子は、今年は女主人ラネフスカヤを演じることになっていたが、初めての女役に自信を持てない知世子を、由布子は優しく励まし、そんな二人の間に友情をこえる感情が芽生えていた。そして、二人の姿を偶然物かげから見てしまう紀子も由布子に好意を持っていた。

出典:キネマ旬報社データベースから引用しました。

櫻の園 櫻の園-さくらのその- 櫻の園 完全版 苺の破片 イチゴノカケラ
「櫻の園」1990年/アルゴプロジェクト 監督:中原俊

チェーホフの「櫻の園」上演直前のひととき、役の衣装を身につけた女子高生志水由布子(中島ひろ子)と同じく倉田知世子(白島靖代)が稽古場の外で二人で記念写真を撮ることになります。
古びた机の上に椅子を置きその上にカメラを載せて向きを知世子に合わせながら「イイ?」と聞く由布子に「イイよ」と答える知世子。
カメラをセットした由布子は二人一緒に写真に収まるため知世子の方へ駆け寄っていきます。
「どの辺まで入ってる?」と尋ねる知世子に「う~んとね、これぐらいまで。あっ、足元まで入ってるから」と両手を大きく伸ばし四角い枠を描きながら答える由布子。
由布子は知世子の前まで来ると「ちょっといい」と言いながら知世子の胸元を直します。
「ありがとう」と礼を言う知世子と並んだ由布子は「いくよ」と言ってリモコンのボタンを押します。
カメラのシャッターが切れる音がして二人はフーと息を吐き顔を見合わせて微笑みます。

「櫻の園」中島ひろ子と白島靖代の写真撮影シーン01

互いに何か言いたそうにモジモジしていましたが、ついに由布子が「あたし倉田さんのことが好き」と知世子の方を見ずに前方を見たまま思いきって切り出します。
驚いた知世子は由布子の方を一瞬見ますが目を合わさずに下を向いてしまいます。
由布子は「ダメ?」と知世子の方を食い入るように見つめながら懇願するように問いつめます。
思いがけない告白に困ったような表情をしていた知世子でしたがやがて首を横に振って「ううん、ダメじゃない」と前方を見たまま微笑んで答えます。
それを聞いた由布子はもう一度「倉田さん好きよ」と繰り返します。
知世子が「うん」とうなずいた後画面は杉山紀子(つみきみほ)が屋内で外の二人に背中を向けて立ち尽くしているカットに変わります。

「櫻の園」中島ひろ子と白島靖代の写真撮影シーン02

由布子の「大好き」という声と知世子の「うれしい、もっと言って」という声を聞きながら紀子はうっすらと涙を浮かべ感情を押し殺しています。
由布子はさらに「好きよ、大好き、ほんとうよ」と続け様にアピールを繰り返し知世子を熱い眼差しで見つめます。
知世子が「うん」とうなずくや由布子は「撮ろ、もっと寄ろ」と立ち上がって尻を椅子にくっつけたままカメラの方へ移動します。

「櫻の園」中島ひろ子と白島靖代の写真撮影シーン03

知世子もその後を由布子の真似をするようにしてついて行きます。
カメラに近づいた二人は椅子に腰を下ろし由布子が「いくよ」と言いながらリモコンのボタンを押してシャッターが切れます。
二人顔を見合わせて微笑んだ後、今度は知世子が「もっと寄ろ」と言って椅子を持ち上げて立ち上がります。
由布子も後に続き二人は先ほどよりカメラに近づいたところでまた写真を撮ります。
その後由布子が「もっと」と言って立ち上がると二人が椅子を持ち上げて一緒に歩き出す後ろ姿のスローモーションシーンに変わります。
それから後は二人の本当に楽しそうな表情のバストショットがスローモーションで延々と続きます。

「櫻の園」中島ひろ子と白島靖代の写真撮影シーン04

何度もカメラのシャッターが切れる音が続く中二人は顔をくっつけて相手の瞳を見つめあったり、一緒にカメラに向かって微笑んだりして喜びを隠しきれない様子です・・・。



予告編


ナチュラル ウーマンくノ一忍法帖精霊のささやき猫のように デラックス版

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ PVランキング GPRESS

「スキャンダル」より、ブリジット・フォンダとジョアン・ウォーリー・キルマー

「スキャンダル」(原題:Scandal)は1989年公開のイギリス映画。1959年、イギリスに起きた「プロヒューモ事件」をめぐる男女の愛憎を描く実話ドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサーはニック・パウエルとジョー・ボイド、製作はスティーブン・ウーリー、監督はマイケル・ケイトン・ジョーンズ、脚本はマイケル・トーマス、撮影はマイク・マロイ、音楽はカール・デイヴィスが担当。

◎主なスタッフ・キャスト
 監督:マイケル・ケイトン・ジョーンズ
 ブリジット・フォンダ(マンデイ・ライス・デイヴィス)
 ジョアン・ウォーリー・キルマー(クリスティーン・キーラー)

◎ストーリー
'59年、整骨医スティーブン・ワード(ジョン・ハート)は、行きつけのキャバレーのショー・ガール、クリスティーン・キーラー(ジョアン・ウォーリー・キルマー)に目をとめ、彼女をより魅惑的な女性に変身させようと教育を始める。やがてキャバレーのショウ・ガールとしてやって来たマンデイ・ライス・デイヴィス(ブリジット・フォンダ)という女性と友達になり・・・。

出典:キネマ旬報社データベースから引用しました。

シャドウズの「アパッチ」の軽快なエレキサウンドが流れる中、キャバレーのショウ・ガール クリスティーン(ジョアン・ウォーリー・キルマー)とマンデイ(ブリジット・フォンダ)が身繕いをしています。
ガーターベルトにストッキングを付け、コルセットを締め、アイシャドーを描き、ピンクのマニキュアで爪を輝かせ、どぎつい色の口紅を塗りたくっているセクシーシーンがドアップの短いカットで次から次へと映し出されます。
化粧を終えた二人は顔を見合わせ口紅ののり具合を見せあうと画面前方に歩いて来て自分の影でフェードアウトします。

「スキャンダル」ブリジット・フォンダとジョアン・ウォーリー・キルマー01

画面が切り替わりフェロモン全開な二人の女がナイトクラブのドアを開けさっそうと中へ入って来ます。

「スキャンダル」ブリジット・フォンダとジョアン・ウォーリー・キルマー02

これ見よがしのセクシードレスの女二人は「見て見て」と云わんばかりに店内をのし歩き周りの客の注目を浴びます。
案の定ちょび髭の見るからにスケベそうなおやじが二人を見つけ後を追って行きます。
バーカウンターに辿り着いた二人はつけて来るエロおやじの気配を背中で感じています。
マンデイが振り向こうとするとクリスティーンは「見ないで」とマンデイの手を取り小声で叱りつけます。
エロおやじ目線のカメラが二人のそばまで来るとクリスティーンは「来たわよ、唇なめて」とマンデイに男殺しの心得を囁きます。
二人の横に廻り込んで並んだエロおやじは「後は私がやるからいい」と下心丸出しにバーテンダーに言ってチップを渡します。
それからおもむろに声をかけてきたエロおやじに二人は愛想良く微笑みを返し、こうしてあっけなく男ハンティングは成功しました。
その後のいきさつはすっ飛ばしてバスローブに着替えて椅子に座りシャンペンを飲んでるエロおやじの興奮している顔のアップに変わります。
まばたきもせず目を見開いて生唾飲み込んでいるエロおやじの視線の先へとカメラはゆっくりとパンしていきます。
エロおやじの右手が股間に降りていくのを捉えながら画面が部屋の中を横切っていくにつれて女のヨガリ声が二つ聞こえて来ます。
そしてシルクのシーツにくるまれた女二人が絡み合っているバストショットで画面が止まります。
クリスティーンとマンデイはエロおやじからは見えないようにわざとらしい声を上げては二人見つめあって笑いを押し殺しています。

「スキャンダル」ブリジット・フォンダとジョアン・ウォーリー・キルマーのベッドシーン

一瞬キスをしますがすぐに吹き出してしまい最後に大袈裟に「ああ~」とハモってエロおやじをからかい笑い転げます。

「スキャンダル」ブリジット・フォンダとジョアン・ウォーリー・キルマーのキスシーン

・・・と、まぁ真面目なガールズラブシーンではありませんがコケティッシュな二人の女優の絡みがなぜか記憶に残る作品であります。

scandal02.jpg 「スキャンダル」ブリジット・フォンダとジョアン・ウォーリー・キルマー
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ PVランキング GPRESS
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
  • SEOブログパーツ