索引

お嬢さん スペシャル・エクステンデッド版&劇場公開版 2枚組 [Blu-ray]
ホワイトリリー [Blu-ray]
ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気

ガールズラブ関連作品五十音順索引

アイノカラダ
 愛の新世界
 青いメビウス
 赤い航路
 赤毛のアン/アンの青春
 暁に斬る!(秘)尼寺の闇をあばけ
 悪魔のKISS
 アナザヘヴン~eclipse~
 あなたに出会わなければ ~夏雪冬花~
 怪しいお姉さんたち
 アリス・サンクチュアリ
 R-17
 あるセックス・ドクターの記録
 暗殺の森
荊の城
 彩られし女性
歌追い人
 美しければそれでいい
 美しさと哀しみと
 ウーマン・ラブ・ウーマン
 麗わしき鬼
 噂の二人
 運命の死化粧師
エマニエルの美女
 エル おんなの瞬間
お熱いのがお好き
 大奥(1968年)
 大奥(1983年)
 大奥十八景
 大奥(秘)物語
 お嬢さん
 乙女の祈り
 OPEN HOUSE
 ALL THE THINGS SHE SAID
 女教師6
 女刑事RIKO 女神の永遠
 女ともだち(自梳)
 女の都
解放区
 カウガール・ブルース
 帰ってきて、おじさん
 カゲロウ
 風の絵師
 彼女たちの関係
 カラーパープル
 ガールズ 恋の初体験
 河内カルメン
 管你的擁抱 fyf
偽婚男女
 岸辺のアルバム
 鬼子母神 ~娘を助けて!
 KISSingジェシカ
 喜多郎の十五少女漂流記
 京都妖怪地図(3)
 凶犯
 霧の子午線
 金曜日の妻たちへ3 恋におちて
くノ一忍法
 Club Friday the Series 3
 Club Friday the Series 8
 クリスチナ女王
 クルーエル・インテンションズ
 くれなゐ
汚れた肉体聖女
 恋のエチュード
 恋の友だち ─ミス千葉の犯罪
 高校教師
 GO!GO!チアーズ
 氷の微笑
 KO-SO-KO-SO
 蝴蝶 羽化する官能
 KOKKURI こっくりさん
彩虹的第八种颜色
 最美的决定
 櫻の園
 柘榴館
 沙粧妙子 帰還の挨拶
 SASORI IN U.S.A.
 殺意の夏
 サテリコン
 さよなら夏のリセ
しあわせ色のルビー
 四季・奈津子
 事後菸
 シスター・オブ・ドラゴン/天女武闘伝
 嫉妬
 シーバース
 姉妹
 姉妹(Le Sorelle)
 終電車
 修道女
 17歳のカルテ
 少女たちの遺言
 しようよ♡
 ショー・ミー・ラヴ
 深紅
スウィッチ 素敵な彼女?
 スウォーズマン 女神復活の章
 素顔の私を見つめて…
 スカーレットレター
 スキャンダル
贅沢な骨
 制服の処女
 世間情
早春物語
 続・大奥(秘)物語
 続・禁断のインモラル
 卒業するキッス
 その時、ハートは盗まれた
台風クラブ
 太陽の季節
 Tatto -刺青-
 ダブル・インパクト
 W Sexy
 誰記得(誰かは記憶します)
 ダロウェイ夫人
 タンク・ガール
小さな悪の華
 チェイシング・エイミー
 ちぎれた愛の殺人
 血とバラ
 チャイニーズ・ゴースト・ストーリー3
 中国の植物学者の娘たち
翼をください
テルマ&ルイーズ
 天使と悪魔の美女
同窓会
 盗聴
 Dr.Tと女たち
 富江
 ドラキュラ
 トラブル・メーカー
夏・体験物語
 夏・体験物語2
 夏雪薇安之念念不忘
 七月与安生
 難得 Precious
錦鯉抄
 你不要我(Abandoned)
 日本のおんな
盗まれた情事
眠狂四郎 悪女狩り
ハイ・アート
 ハイヤー・ラーニング
 8人の女たち
 バッド・ガールズ
 バッド・トリップ
 華の愛 遊園驚夢
 Perfect time
 パラダイスサーティー
 バンパイア・ラヴァーズ
ピストルオペラ
 必殺仕掛人 大奥女中殺し
 ひとり暮らし
 秘密ドールズ
 昼顔
 秘録おんな寺
female「Dancing Erotic Female」
 female「桃」
 不一様又怎様
 深く潜れ〜八犬伝2001〜
 ブラック・ウィドー
 プラトニック・セックス
 blue
放熱ララバイ
 ボクらはいつも恋してる!金枝玉葉2
 牡丹と薔薇
 ボディヒート
 ホテル・ニューハンプシャー
 炎の二人
 ホルモンズ
 香港淫殺倶楽部/ポイズン・ガールズ
マイラ
 マジック&ロス
 松本清張おんなシリーズ「指」
 繭をつくる女
 卍(まんじ)1964年
 卍 ベルリン・アフェア
ミス・アンの秘密の日記
 未来は女のものである
女鹿
 メロディーズ
モロッコ
夜間飛行(慌心假期)
 夜蝶
 屋根裏の散歩者
 闇のバイブル/聖少女の詩
誘惑者
 百合フィーバー
ラストエンペラー
 ラ・ピラート
 ラブ&ポップ
 ラブコンプレックス
 LOVE/JUICE
 ラブ マイ ライフ
ルージュ ROUGE
 ルビーフルーツ
 ルームメイト
ローズ
ワイルドシングス
 罠の女

「さよなら夏のリセ」より、パリジェンヌ同士のラブシーン

「さよなら夏のリセ」(原題:Surprise Party)は1983年公開のフランス映画。1950年代のロワール地方の小さな町を舞台に、バカロレア(大学入試の資格試験)を終えたリセ(国立中等高校)の学生たちの青春の日々を描く。製作はジョルジュ・グラス、監督・脚本は「バーバレラ」「血とバラ」などのロジェ・ヴァディム、撮影はジョルジュ・バルスキー、音楽はミシェル・マーニュとセルジオ・レヌッティ、美術はジャン・フランソワ・コルネイユ、編集はレイモン・ルイン、衣装はシルビアンヌ・コームが担当。

◎主なスタッフ・キャスト
 監督:ロジェ・ヴァディム
 フィリッピーヌ・ルロワ・ボーリュー(アンヌ)
 シャルロット・ワリオ(マリー=ジョー)

◎ストーリー
1953年、ロワールの谷あいの小さな町アンボワーズの町。リセ(国立中等高校)の最終学年の学生たちにとっての最大の難関はバカロレア(中等教育修了証)。その試験にめでたく合格したアンヌ(フィリッピーヌ・ルロワ・ボーリュー)と親友マリー=ジョー(シャルロット・ワリオ)たち6人は大の仲よし。無事にバカロレアも終わって、リセの残り少ない生活を思いっきり満喫しようとハリキッていた。ジャズに夢中のアンヌは暇を見つけてはドラムを叩いている。ある日、彼女はマリー=ジョーとシュノンソー城に忍び込んだ。そして、寝室で胸のときめくような時を過ごした。しかし二人がふざけ合っているところを、ちょうどカメラを持ち歩いていた観光客に撮られ新聞にのってしまった。政治家を目ざして選挙の準備をはじめていたアンヌの父親ランベール氏は、自分の名声に傷がつくと大憤慨。母のジュヌビエーヴもアンヌをしかるが、同時になだめるのだった。やがて待ちに待ったバカンスがやって来た。水泳にパーティ、魚釣りなどの楽しい日々のはじまりだ。そんな頃、この町に不思議な親子がやって来た。母親の名はリサ。円熟した美貌の持主である彼女に、早速マルコが夢中。そして息子のクリスチャンも憂いを含んだ長身のハンサム・ボーイで、アンヌは一目で好きになってしまった。クリスチャンの方も、明るくさわやかなアンヌに惹かれ、二人は急激に接近した。ダヴィッドの家でサプライズ・パーティが開かれることになった。若者たちは踊り狂った。自分からアンヌが離れていくようで、さびしくなったマリー=ジョーは、自暴自棄になって、ダヴィッドの兄サミーに体を与えてしまう。マリー=ジョーを心から愛していたのはダヴィッドの方なのに。妊娠して悩むマリー=ジョーからすべてのいきさつを聞いたダヴィッドは信頼する父親アンドレに相談した。一方、リサに夢中のマルコは、積極的に近づくが、ひょんなことで、リサ母子の素姓を知った。クリスチャンの父ジョルジュは第二次大戦中の対独協力者として犯罪者の烙印をおされ逃亡中の身だったのだ。そして母子は地方から地方ヘと隠れるようにひっそりと暮らしてきたのだ。リサに拒否されたマルコは、そのしっぺ返しとしてみんなの前でクリスチャンの秘密をあばいてしまった。傷ついた彼は、愛するアンヌの叫びも聞かず、その場を立ち去った。早朝、父親の不名誉をぬぐおうと、軍隊に志願するために汽車に乗るクリスチャン。同じ頃、マリー=ジョーの子供をおろす費用を集めたダヴィッドと、それを心から受け入れるマリー=ジョーが寄り添っていた。クリスチャンが旅立ったことを知ったアンヌは、マルコの車で汽車を追いかけた。踏み切りで汽車を止めることに成功したアンヌは窓ごしにクリスチャンに呼びかけた。やがて汽車が去り、田園の中で抱き合う二人の姿があった。

出典:キネマ旬報社データベースから引用しました。

古城に忍び込んだ仲良し二人組の女の子達が王様とお妃ゲームをしてはしゃいでいます。

「さよなら夏のリセ」フィリッピーヌ・ルロワ・ボーリューとシャルロット・ワリオのラブシーン01

寝室に追い込みベッドに押し倒した王様役のマリー=ジョー(シャルロット・ワリオ)がお妃役のアンヌ(フィリッピーヌ・ルロワ・ボーリュー)の乳首に吸い付きます。
茫然とした表情で天井を見上げるアンヌのコケティッシュな顔のアップにのんびりとした英語の歌がかぶさって来ます。
そんなアンヌが愛おしくなったのかマリー=ジョーは自分も服を脱ぎアンヌの身体中に舌を這わせます。

「さよなら夏のリセ」フィリッピーヌ・ルロワ・ボーリューとシャルロット・ワリオのラブシーン02

未成熟なアンヌの乳房の佇まいがロリ顔とも相俟って初々しいエロスを感じさせる性愛シーンとなっております。
終わった後二人並んでベッドに寝そべり今しがたの出来事の感想を述べあいます。

「さよなら夏のリセ」フィリッピーヌ・ルロワ・ボーリューとシャルロット・ワリオのラブシーン03

マリー=ジョーは煙草を吸いながら「後悔してる?」と聞きますがアンヌは歌うような口調で「し~ま~せ~ん~わ~決して後悔なんて♪」と上機嫌です。
・・・青春の日の想い出は甘酸っぱくてなつかしい・・・。

「さよなら夏のリセ」フィリッピーヌ・ルロワ・ボーリューとシャルロット・ワリオのラブシーン04

「ビリティス」同様、このビデオソフトを手に入れるのはかなり困難ですがレンタル店を探し回ればきっとどこかにあるはず。



「さよなら夏のリセ」フィリッピーヌ・ルロワ・ボーリューとシャルロット・ワリオ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ PVランキング GPRESS

「終電車」より、カトリーヌ・ドヌーヴが女同士のキスを目撃して狼狽するシーン

「終電車」(原題:Le Dernier Metro)は1980年公開のフランス映画。製作・監督はフランソワ・トリュフォー、脚本はトリュフォーとシュザンヌ・シフマン、台詞はトリュフォー、シフマンとジャン・クロード・グランベルグ、撮影はネストール・アルメンドロス、音楽はジョルジュ・ドルリュー、編集はマルティーヌ・バラーク、マリー・エーメ・デブリルとジャン・フランソワ・ジル、美術はジャン・ピエール・コユ・スヴェルコが各々担当。

◎主なスタッフ・キャスト
 監督:フランソワ・トリュフォー
 アンドレア・フェレオル(アルレット)
 サビーヌ・オードパン(ナディーヌ)
 カトリーヌ・ドヌーヴ(マリオン)

◎ストーリー
舞台はドイツ占領下のパリ女優・マリオンはユダヤ人の夫・ルカを地下に隠し、劇場を切り盛りしていた。そんな中、劇場に俳優のベルナールが訪れ、マリオンは彼に惹かれ始める。

出典:キネマ旬報社データベースから引用しました。

カトリーヌ・ドヌーヴ扮する劇場主マリオンが芝居の稽古に呼ぼうと若手女優ナディーヌの楽屋をノックもせずに開けます。
するとそこにはナディーヌと舞台デザイナーのアルレットが女同士で抱き合って情熱的なキスを交わしていました。

「終電車」アンドレア・フェレオルとサビーヌ・オードパンのキスシーン01

慌てて扉を閉めるマリオンですがすぐ気を取り直して用件を伝え、気まずそうに立ちつくす二人を横目に立ち去ります。

「終電車」アンドレア・フェレオルとサビーヌ・オードパンのキスシーン02

後を追ったアルレットは「わけがあるの」と言い訳しようとしますが、マリオンはそれを遮り「聞きたくない」「色恋は劇場の外でやって」と言い放ち自分の部屋へ。

「終電車」カトリーヌ・ドヌーヴとサビーヌ・オードパンのシーン

日常よくあることですが親しき仲にも礼儀あり、ノック忘れず鍵かけて。

終電車
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ PVランキング GPRESS

「ガールズ 恋の初体験」より、アンヌ・パリローとゾエ・ショヴォーのラブシーン

「ガールズ 恋の初体験」(原題:Girls)は1979年公開のフランス映画。パリを舞台に多感な10代の少女たち4人が愛と友情を通じて少しずつ大人に目ざめていく姿を描く。製作総指揮はピーター・クロネンバーグ、製作はクロード・ルジェとレオン・ズラタ、監督・脚本は「エマニエル夫人」のジュスト・ジャカン、撮影はクロード・アゴスティーニ、音楽は10CCのエリック・スチュアートが各々担当。

◎主なスタッフ・キャスト
 監督:ジュスト・ジャカン
 アンヌ・パリロー(カトリーヌ)
 ゾエ・ショヴォー(アニー)

◎ストーリー
パリ。16歳のアニー(ゾエ・ショヴォー)は、手作りのアクセサリーを蚤の市で売って自活しているハッスルガール。スザンヌ(シャルロット・ワリオ)は父親と妹ベティ(イザベル・メジア)と三人暮らしで一家の母親的存在。ベティは15歳のまだあどけない少女だ。17歳のカトリーヌ(アンヌ・パリロー)は、実は大学の電話交換手で、母親と二人のつつましい生活を送っていたが、他の三人は、彼女を大学生で良家の娘と信じている。夜、ディスコにくり出す4人は、それぞれ着飾って若い男の子たちの注目をあびる。翌日、彼女たちは朝帰り。ベティは、ある日、プレイボーイのジェローム(フィリップ・クルベール)の誘いをうけるが、その場は拒んだ。まだ幼いベティは経験豊かなカトリーヌに相談し、その結果ついに、ジェロームに体を許した。しかし、ジェロームの方は遊びのつもりでベティに接していたにすぎず、それを知ったベティは悲しみにくれた。しかも彼女は妊娠していた。

出典:キネマ旬報社データベースから引用しました。

ベティ(イザベル・メジア)の中絶費用を稼ぐためカトリーヌ(アンヌ・パリロー)がコールガールのフリをして大人から金を巻き上げる作戦を提案します。
下着パーティのような部屋の中には他にミシン掛けしているスザンヌ(シャルロット・ワリオ)と女性下着雑誌を読みながらむっつり顔で下着姿の女の子たちをチラ見してる男友達がいます。

「ガールズ 恋の初体験」アンヌ・パリローとゾエ・ショヴォーの擬似ラブシーン01

ブラとショーツ姿のカトリーヌが「男なんてイチコロよ。来て」と言って同じくブラジャー姿で座っているアニー(ゾエ・ショヴォー)の手を取り立ち上がらせます。
アニーを抱き寄せたカトリーヌは肩に手を回し「君の匂いが好きだ。香水は何を使ってる?」と男役を演じてアニーを誘惑します。
アニーの首筋に唇を這わせたカトリーヌは「たまらない」と言ってアニーに迫ります。

「ガールズ 恋の初体験」アンヌ・パリローとゾエ・ショヴォーの擬似ラブシーン02

二人のアップになりカトリーヌが「ここでこうやってほほをすりあわせるの」と段取りを教えつつアニーの頬に自分の頬を密着させスリスリします。

「ガールズ 恋の初体験」アンヌ・パリローとゾエ・ショヴォーの擬似ラブシーン03

タダのスキンシップとは云え多少圧迫感を感じたアニーは少しひるんで「何と言えば?」とカトリーヌにアドバイスを求めます。
「“香水はつけてないわ”とか」とカトリーヌがアニーの頬の感触を楽しむかのように目を瞑って答えると「男ってバカね」とアニーも頬を押し付けて来ます。
アニーに向き直ったカトリーヌが「これからが本番よ。相手のアレが大きくなりかけたらすかさず攻撃開始よ」と言ってアニーをぎゅっと抱きしめ再び頬を密着させます。
「背中をそらせてお腹を突き出し自分が受けてる刺激を伝えるの」と言いながらカトリーヌはアニーに密着させた腰を前後に振ります。
アニーが「まるで痴漢ね」と文句を言うと「お金のためだもん」と悪びれない口調でさらにアニーを愛撫します。
カトリーヌの手はアニーの二の腕をさすりながら乳房に達し軽く揉みだします。

「ガールズ 恋の初体験」アンヌ・パリローとゾエ・ショヴォーの擬似ラブシーン04

男友達はもう気が気でなく下着雑誌を下に置いて生唾飲み込んでこの光景を見ています。
次第に興奮して来たカトリーヌは甘い息を吐きながら手を腰にまで伸ばしていきスカートの上からアニーの局部に忍び寄ってきます。
その時アニーはカトリーヌの頬を平手打ちし「やめてよ」と叫びます。
しかしすぐに我に返り「ごめん、手が勝手に…」と謝るとカトリーヌも「男って最低ね」と言って二人で笑いあいます。
肩を組んで微笑む二人の女の子のはじけるような笑顔に思わず和んでしまうシーンです。
背伸びする少女たちの妊娠騒動や成長物語は、昔から日本でもたくさん映画化されてて洋邦問わず普遍的なテーマだなぁと感じます。

「ガールズ 恋の初体験」アンヌ・パリローとゾエ・ショヴォー
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ PVランキング GPRESS

「ローズ」より、ベット・ミドラーとサンドラ・マッケーブのラブシーン

「ローズ」(原題:The Rose)は1979年公開のアメリカ映画。製作総指揮はトニー・レイ、製作はマーヴィン・ワースとアーロン・ロッソ、監督は「シンデレラ・リバティー かぎりなき愛」「女狐」のマーク・ライデル。ビル・カービーの原案を基に彼とボー・ゴールドマンが脚色。撮影はヴィルモス・ジグモンド、音楽はポール・A・ロスチャイルド、編集はロバート・L・ウォルフ、美術はジム・ショッピ、衣裳はシオニ・V・アルドレッジが各各担当。

◎主なスタッフ・キャスト
 監督:マーク・ライデル
 ベット・ミドラー(ローズ)
 サンドラ・マッケーブ(サラ)

◎ストーリー
反体制の波にゆれる1969年のアメリカベトナム戦争がもたらした若者たちの反撥は頂点に達し、そんな空気の中で女性ロック・シンガーのローズがカリスマ的な支持を受けていた。ローズの自由奔放な愛の生活は限りなく、かつてのレズビアンの愛人サラなどの愛も平気で受け入れる有様だった。

出典:キネマ旬報社データベースから引用しました。

「ローズ」ベット・ミドラーとサンドラ・マッケーブのラブシーン01

伝説のロック歌手ジャニス・ジョプリンをモデルにして、そのロックな生涯を体を張って演じたベット・ミドラーの熱演が光ります。

「ローズ」ベット・ミドラーとサンドラ・マッケーブのラブシーン02

ドラッグやセックス等奔放な生き方を描くエピソードの一つにレズビアンの女友達に告白されるシーンがあります。

「ローズ」ベット・ミドラーとサンドラ・マッケーブのラブシーン03

しかし、ボーイフレンドに見つかりあっさりと終わってしまいます。

ベッド・ミドラー ローズ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ PVランキング GPRESS

「シーバース」より、女同士でキスしたら寄生虫まで貰ってしまった映画の1シーン

「シーバース」(原題:Shivers)は1975年公開のカナダ映画。人間の病気を治し、内臓の変わりとなるべく研究されていた寄生虫が、人間の理性を狂わせマンションの住民を次々に支配していくホラー映画。異才クローネンバーグ監督の劇場長編デビュー作品。製作・音楽は巨匠アイヴァン・ライトマンが担当。

◎主なスタッフ・キャスト
 監督:デヴィッド・クローネンバーグ
 スーザン・ペトリ(ジャニイン)
 バーバラ・スティール(ベッツ)

◎ストーリー
ある島で、医師が娘を実験台にして寄生虫の研究をしていた。それは、人間の内臓と寄生虫を同化させ、病気を治すというものだった。だが、その寄生虫は人の理性を失わせるという生き物でもあった。娘と関係を持った相手に寄生虫が乗り移っていることなど知らず、医師は発狂した娘を殺し、自らも自殺してしまう。やがて、最新の設備が完備した高層マンションに出現した寄生虫は、性的な行為を媒介にして人から人へと移っていき、次々と住人の体を乗っ取っていく…。

出典:キネマ旬報社データベースほかから引用しました。

ソファーに腰掛け自分の膝に覆いかぶさって泣きじゃくるジャニイン(スーザン・ペトリ)の髪を撫でながら慰めるベッツ(バーバラ・スティール)。
「私の気持ち分かる?あなたと愛し合いたいのよ」とさり気なくジャニインを誘惑します。
意外な告白に驚き気を取り直して抗うジャニイン。

「シーバース」スーザン・ペトリとバーバラ・スティールのキスシーン01

しかしベッツはひるまず強引に「愛して キスして キスして…」と言いながら無理矢理口づけします。

「シーバース」スーザン・ペトリとバーバラ・スティールのキスシーン02

その時ベッツの喉の内側で蠢く物体が口移しでジャニインの喉へ…。

「シーバース」スーザン・ペトリとバーバラ・スティールの寄生虫口移しシーン

このようにして新種の寄生虫は気弱な人間の理性を失わせ行動的な性格へ次々と変えて行きました。
まぁ、人に危害を加えないのであればそんなに悪くない寄生虫です。

Trailer


SHIVERS
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ PVランキング GPRESS
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
  • SEOブログパーツ