索引

お嬢さん スペシャル・エクステンデッド版&劇場公開版 2枚組 [Blu-ray]
ホワイトリリー [Blu-ray]
ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気

ガールズラブ関連作品五十音順索引

アイノカラダ
 愛の新世界
 青いメビウス
 赤い航路
 赤毛のアン/アンの青春
 暁に斬る!(秘)尼寺の闇をあばけ
 悪魔のKISS
 アナザヘヴン~eclipse~
 あなたに出会わなければ ~夏雪冬花~
 怪しいお姉さんたち
 アリス・サンクチュアリ
 R-17
 あるセックス・ドクターの記録
 暗殺の森
荊の城
 彩られし女性
歌追い人
 美しければそれでいい
 美しさと哀しみと
 ウーマン・ラブ・ウーマン
 麗わしき鬼
 噂の二人
 運命の死化粧師
エマニエルの美女
 エル おんなの瞬間
お熱いのがお好き
 大奥(1968年)
 大奥(1983年)
 大奥十八景
 大奥(秘)物語
 お嬢さん
 乙女の祈り
 OPEN HOUSE
 ALL THE THINGS SHE SAID
 女教師6
 女刑事RIKO 女神の永遠
 女ともだち(自梳)
 女の都
解放区
 カウガール・ブルース
 帰ってきて、おじさん
 カゲロウ
 風の絵師
 彼女たちの関係
 カラーパープル
 ガールズ 恋の初体験
 河内カルメン
 管你的擁抱 fyf
偽婚男女
 岸辺のアルバム
 鬼子母神 ~娘を助けて!
 KISSingジェシカ
 喜多郎の十五少女漂流記
 京都妖怪地図(3)
 凶犯
 霧の子午線
 金曜日の妻たちへ3 恋におちて
くノ一忍法
 Club Friday the Series 3
 Club Friday the Series 8
 クリスチナ女王
 クルーエル・インテンションズ
 くれなゐ
汚れた肉体聖女
 恋のエチュード
 恋の友だち ─ミス千葉の犯罪
 高校教師
 GO!GO!チアーズ
 氷の微笑
 KO-SO-KO-SO
 蝴蝶 羽化する官能
 KOKKURI こっくりさん
彩虹的第八种颜色
 最美的决定
 櫻の園
 柘榴館
 沙粧妙子 帰還の挨拶
 SASORI IN U.S.A.
 殺意の夏
 サテリコン
 さよなら夏のリセ
しあわせ色のルビー
 四季・奈津子
 事後菸
 シスター・オブ・ドラゴン/天女武闘伝
 嫉妬
 シーバース
 姉妹
 姉妹(Le Sorelle)
 終電車
 修道女
 17歳のカルテ
 少女たちの遺言
 しようよ♡
 ショー・ミー・ラヴ
 深紅
スウィッチ 素敵な彼女?
 スウォーズマン 女神復活の章
 素顔の私を見つめて…
 スカーレットレター
 スキャンダル
贅沢な骨
 制服の処女
 世間情
早春物語
 続・大奥(秘)物語
 続・禁断のインモラル
 卒業するキッス
 その時、ハートは盗まれた
台風クラブ
 太陽の季節
 Tatto -刺青-
 ダブル・インパクト
 W Sexy
 誰記得(誰かは記憶します)
 ダロウェイ夫人
 タンク・ガール
小さな悪の華
 チェイシング・エイミー
 ちぎれた愛の殺人
 血とバラ
 チャイニーズ・ゴースト・ストーリー3
 中国の植物学者の娘たち
翼をください
テルマ&ルイーズ
 天使と悪魔の美女
同窓会
 盗聴
 Dr.Tと女たち
 富江
 ドラキュラ
 トラブル・メーカー
夏・体験物語
 夏・体験物語2
 夏雪薇安之念念不忘
 七月与安生
 難得 Precious
錦鯉抄
 你不要我(Abandoned)
 日本のおんな
盗まれた情事
眠狂四郎 悪女狩り
ハイ・アート
 ハイヤー・ラーニング
 8人の女たち
 バッド・ガールズ
 バッド・トリップ
 華の愛 遊園驚夢
 Perfect time
 パラダイスサーティー
 バンパイア・ラヴァーズ
ピストルオペラ
 必殺仕掛人 大奥女中殺し
 ひとり暮らし
 秘密ドールズ
 ビリティス
 昼顔
 秘録おんな寺
female「Dancing Erotic Female」
 female「桃」
 不一様又怎様
 深く潜れ〜八犬伝2001〜
 ブラック・ウィドー
 プラトニック・セックス
 blue
放熱ララバイ
 ボクらはいつも恋してる!金枝玉葉2
 牡丹と薔薇
 ボディヒート
 ホテル・ニューハンプシャー
 炎の二人
 ホルモンズ
 香港淫殺倶楽部/ポイズン・ガールズ
マイラ
 マジック&ロス
 松本清張おんなシリーズ「指」
 繭をつくる女
 卍(まんじ)1964年
 卍 ベルリン・アフェア
ミス・アンの秘密の日記
 未来は女のものである
女鹿
 メロディーズ
モロッコ
夜間飛行(慌心假期)
 夜蝶
 屋根裏の散歩者
 闇のバイブル/聖少女の詩
誘惑者
 百合フィーバー
ラストエンペラー
 ラ・ピラート
 ラブ&ポップ
 ラブコンプレックス
 LOVE/JUICE
 ラブ マイ ライフ
ルージュ ROUGE
 ルビーフルーツ
 ルームメイト
ローズ
ワイルドシングス
 罠の女

「日本のおんな」より、裸の女性二人が絡み合うエロチックなイメージクリップ

日本のおんなは、1982年に発売された写真家・藤井秀樹構成編集によるイメージビデオです。

◎主なスタッフ・キャスト
 構成編集:藤井秀樹
 出演:北川富士子
    麻生れい子

「日本のおんな」

「化粧ごっこの女」 裸の女性二人(北川富士子麻生れい子)が妖しく絡み合ってエロチックイメージを醸し出しています。

「化粧ごっこの女」 北川富士子と麻生れい子

ヌードシーンがありますので、不快に思われる方はクリックしないでください。
YouTubeに上がってるこのクリップ

にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ PVランキング GPRESS

「カーマ・スートラ 愛の教科書」より、インディラ・ヴァルマとサリタ・チョウドリー

「カーマ・スートラ 愛の教科書」(原題:Kama Sutra: A Tale of Love)は1996年公開のインドイギリス合作映画。古代インドの愛の聖典『カーマ・スートラ』をモチーフに、運命の波に翻弄されながらも力強く生き抜いた2人の女の姿を、エロチシズムを交えて描く人間ドラマ。監督は「サラーム・ボンベイ!」「太陽に抱かれて」のインド出身の女性監督ミーラー・ナーイル。脚本は、南アフリカで舞台戯曲を手掛けてきたヘレナ・クリエルとナーイルのオリジナル。製作は「太陽に抱かれて」の女性プロデューサー、リディア・ディーン・ピルチャーとナーイル、製作総指揮は「バスキア」のミチヨ・ヨシザキ。撮影は「リービング・ラスベガス」のデクラン・クイン、音楽は「エキゾチカ」のマイケル・ダナ、見事な時代考証で当時のインドの町並みを再現した美術は、ウディ・アレン作品の美術補として腕を磨いてきた「太陽に抱かれて」のマーク・フリードバーグ、衣裳も同作のエドゥアルド・カストロ、編集は「カリートの道」のクリスティーナ・ボーデン。

◎主なスタッフ・キャスト
 監督:ミーラー・ナーイル
 インディラ・ヴァルマ(マヤ)
 サリタ・チョウドリー(タラ)
 レカー(ラサ・デヴィ)

◎ストーリー
16世紀インドの宮殿。王の娘タラ(サリター・チョウドリー)は藩王ラジャ・シン(ナヴィーン・アンドリュース)との結婚が決まるが、宮殿を訪れたラジャの視線は召使の娘であるマヤ(インディラ・ヴァルマ)に釘付けとなり、嫉妬に駆られたタラは衆人環視の中で彼女に唾を吐きかけ、侮辱する。その夜、宮殿では婚礼前夜の宴が開かれ、マヤは復讐のためにラジャと一夜を共にした。マヤが幼い頃から、ずっと彼女を思い続けていたタラの兄ビキ王子は、身分が違うという母親の反対を押し切り、マヤに求婚。しかし、マヤは愛のない結婚で王女の地位を手に入れるよりも、自分の手で運命を切り開くことを望む。求婚を断られた王子は腹いせに、あの日彼女がラジャと寝たことを暴露し、彼女は宮殿を追われる。その頃、タラは夫ラジャとの初夜を迎えていたが、ラジャはマヤの名を呼び、タラは屈辱にうち震える。放浪に旅に出たマヤは、若き宮廷彫刻家ジャイ・クマール(ラモン・ティカラム)と出会う。実は彼は、タラの婚礼の宴でマヤを見かけた時から彼女の美しさを忘れられずにいた。ジャイはマヤを『カーマ・スートラ』の指導者で、かつては宮廷で愛妾をしていたラサ・デヴィ(レカー)の元へと連れていく。デヴィの説く愛の奥義に触れるうち、マヤは次第にジャイへの思いを開花させていく。しかし、ジャイには彼女をモデルにした石像を完成させる方が大切だった。マヤは通じぬ思いに苦しんだ末、「愛の法則が愛する人に通用しないなら、愛してない人に試してみたいの」と、王の愛妾になるための指導をラサに乞う。ある日、宮廷彫刻家の仕事ぶりを見に訪れたラジャは、ジャイの石像のモデルがマヤであることにひと目で気づく。ラサの指導の下、一流の愛妾に生まれ変わったマヤは、宮殿へと召され、タラと皮肉な再会を果たす。以前にも増して妖しいまでに美しくなったマヤにラジャは夢中になり、そんな日々の中でタラは次第に精神のバランスを崩していく。愛のない奉仕の日々に虚しさを募らせていたマヤは、ジャイと久しぶりに再会。彼がいかに自分を愛していたかを知ったマヤは、それ以来、ラジャの目を忍んで愛し合うようになった。マヤから拒絶されたラジャはアヘンに溺れ、西国の王がビキ王子と手を組んでラジャの国を攻めようとしているという情報にも無関心だった。ついに2人の関係がラジャに知られ、激怒したラジャはジャイに死刑を命じる。一方、タラは浴槽の中で自殺を図ったが、マヤの手当てで命を取りとめた。

出典:キネマ旬報社データベースから引用しました。

インド王女タラ(サリタ・チョウドリー)と召使いの娘マヤ(インディラ・ヴァルマ)は幼馴染みですが身分が違います。

「カーマ・スートラ 愛の教科書」女同士で性愛の奥義を学ぶシーン01

タラとの愛憎の末宮廷を追われたマヤは性愛の奥義『カーマ・スートラ』を娘達に教えている女指導者ラサ(レカー)に出会ってセックス・テクニックや踊りの指導を受けます。

「カーマ・スートラ 愛の教科書」女同士で性愛の奥義を学ぶシーン02

宮廷に戻ったマヤは精神を病んだタラが自殺しようとするのを止めて身に着けた性愛の技法を使って快楽を呼び覚まし生きる勇気を与えます。

「カーマ・スートラ 愛の教科書」インディラ・ヴァルマとサリタ・チョウドリーのラブシーン01

男女のセックスのための性愛の奥義ですが、女性が感じるテクニックの要素もあり女性同士にも当てはまるかも…。

「カーマ・スートラ 愛の教科書」インディラ・ヴァルマとサリタ・チョウドリーのラブシーン02

カーマ・スートラ 愛の教科書
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ PVランキング GPRESS

「ラ・ピラート」より、ジェーン・バーキンとマルーシュカ・デートメルスのラブシーン

「ラ・ピラート」(原題:La Pirate)は1984年公開のフランス映画。ある1人の女をめぐる4人の男女の情念の世界を描く。製作はオリヴィエ・ロルサック、監督・脚本は「小さな赤いビー玉」のジャック・ドワイヨン、撮影はブルーノ・ニュイッテン、音楽はフィリップ・サルドが担当。

◎主なスタッフ・キャスト
 監督:ジャック・ドワイヨン
 ジェーン・バーキン(アルマ)
 マルーシュカ・デートメルス(キャロル)

◎ストーリー
パリ。ブルーのシトロエンの中で、キャロル(マルーシュカ・デートメルス)は、謎の少女(ロール・マルサック)と、元恋人のアルマ(ジェーン・バーキン)の帰りを待っていた。夫アンドリュー(アンドリュー・バーキン)のもとに戻ったアルマは、自分を待っていたキャロルの姿を見つけ熱いキスを交わし一緒に逃亡する。市内のホテルの一室で激しく愛しあうアルマとキャロル。そこへアンドリューの依頼で彼女達を追う“ナンバー5”(フィリップ・レオタール)という男がやってくる。こうしてアルマをめぐって4人の男女による愛の葛藤と追跡が始まる。

出典:キネマ旬報社データベースから引用しました。

「ラ・ピラート」ジェーン・バーキンとマルーシュカ・デートメルスのキスシーン01

謎の少女(ロール・マルサック)を連れたキャロル(マルーシュカ・デートメルス)が元恋人で人妻のアルマ(ジェーン・バーキン)の家の前で待ち伏せしています。

「ラ・ピラート」ジェーン・バーキンとマルーシュカ・デートメルスのキスシーン02

夫アンドリュー(アンドリュー・バーキン)と帰宅したアルマに会いに行ったキャロルはアルマの顔を見るや激しいキスを浴びせます。

「ラ・ピラート」ジェーン・バーキンとマルーシュカ・デートメルスのキスシーン03

その後キャロルはアルマを家から連れ出して恋の逃避行をします。

「ラ・ピラート」ジェーン・バーキンとマルーシュカ・デートメルスのキスシーン04

ホテルで情熱的に愛し合う二人ですが夫の追跡や世間のしがらみとの葛藤の中でむき出しの感情が溢れ出します。

「ラ・ピラート」ジェーン・バーキンとマルーシュカ・デートメルスのラブシーン

ラ・ピラート
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ PVランキング GPRESS

「さよなら夏のリセ」より、パリジェンヌ同士のラブシーン

「さよなら夏のリセ」(原題:Surprise Party)は1983年公開のフランス映画。1950年代のロワール地方の小さな町を舞台に、バカロレア(大学入試の資格試験)を終えたリセ(国立中等高校)の学生たちの青春の日々を描く。製作はジョルジュ・グラス、監督・脚本は「バーバレラ」「血とバラ」などのロジェ・ヴァディム、撮影はジョルジュ・バルスキー、音楽はミシェル・マーニュとセルジオ・レヌッティ、美術はジャン・フランソワ・コルネイユ、編集はレイモン・ルイン、衣装はシルビアンヌ・コームが担当。

◎主なスタッフ・キャスト
 監督:ロジェ・ヴァディム
 フィリッピーヌ・ルロワ・ボーリュー(アンヌ)
 シャルロット・ワリオ(マリー=ジョー)

◎ストーリー
1953年、ロワールの谷あいの小さな町アンボワーズの町。リセ(国立中等高校)の最終学年の学生たちにとっての最大の難関はバカロレア(中等教育修了証)。その試験にめでたく合格したアンヌ(フィリッピーヌ・ルロワ・ボーリュー)と親友マリー=ジョー(シャルロット・ワリオ)たち6人は大の仲よし。無事にバカロレアも終わって、リセの残り少ない生活を思いっきり満喫しようとハリキッていた。ジャズに夢中のアンヌは暇を見つけてはドラムを叩いている。ある日、彼女はマリー=ジョーとシュノンソー城に忍び込んだ。そして、寝室で胸のときめくような時を過ごした。しかし二人がふざけ合っているところを、ちょうどカメラを持ち歩いていた観光客に撮られ新聞にのってしまった。政治家を目ざして選挙の準備をはじめていたアンヌの父親ランベール氏は、自分の名声に傷がつくと大憤慨。母のジュヌビエーヴもアンヌをしかるが、同時になだめるのだった。やがて待ちに待ったバカンスがやって来た。水泳にパーティ、魚釣りなどの楽しい日々のはじまりだ。そんな頃、この町に不思議な親子がやって来た。母親の名はリサ。円熟した美貌の持主である彼女に、早速マルコが夢中。そして息子のクリスチャンも憂いを含んだ長身のハンサム・ボーイで、アンヌは一目で好きになってしまった。クリスチャンの方も、明るくさわやかなアンヌに惹かれ、二人は急激に接近した。ダヴィッドの家でサプライズ・パーティが開かれることになった。若者たちは踊り狂った。自分からアンヌが離れていくようで、さびしくなったマリー=ジョーは、自暴自棄になって、ダヴィッドの兄サミーに体を与えてしまう。マリー=ジョーを心から愛していたのはダヴィッドの方なのに。妊娠して悩むマリー=ジョーからすべてのいきさつを聞いたダヴィッドは信頼する父親アンドレに相談した。一方、リサに夢中のマルコは、積極的に近づくが、ひょんなことで、リサ母子の素姓を知った。クリスチャンの父ジョルジュは第二次大戦中の対独協力者として犯罪者の烙印をおされ逃亡中の身だったのだ。そして母子は地方から地方ヘと隠れるようにひっそりと暮らしてきたのだ。リサに拒否されたマルコは、そのしっぺ返しとしてみんなの前でクリスチャンの秘密をあばいてしまった。傷ついた彼は、愛するアンヌの叫びも聞かず、その場を立ち去った。早朝、父親の不名誉をぬぐおうと、軍隊に志願するために汽車に乗るクリスチャン。同じ頃、マリー=ジョーの子供をおろす費用を集めたダヴィッドと、それを心から受け入れるマリー=ジョーが寄り添っていた。クリスチャンが旅立ったことを知ったアンヌは、マルコの車で汽車を追いかけた。踏み切りで汽車を止めることに成功したアンヌは窓ごしにクリスチャンに呼びかけた。やがて汽車が去り、田園の中で抱き合う二人の姿があった。

出典:キネマ旬報社データベースから引用しました。

古城に忍び込んだ仲良し二人組の女の子達が王様とお妃ゲームをしてはしゃいでいます。

「さよなら夏のリセ」フィリッピーヌ・ルロワ・ボーリューとシャルロット・ワリオのラブシーン01

寝室に追い込みベッドに押し倒した王様役のマリー=ジョー(シャルロット・ワリオ)がお妃役のアンヌ(フィリッピーヌ・ルロワ・ボーリュー)の乳首に吸い付きます。
茫然とした表情で天井を見上げるアンヌのコケティッシュな顔のアップにのんびりとした英語の歌がかぶさって来ます。
そんなアンヌが愛おしくなったのかマリー=ジョーは自分も服を脱ぎアンヌの身体中に舌を這わせます。

「さよなら夏のリセ」フィリッピーヌ・ルロワ・ボーリューとシャルロット・ワリオのラブシーン02

未成熟なアンヌの乳房の佇まいがロリ顔とも相俟って初々しいエロスを感じさせる性愛シーンとなっております。
終わった後二人並んでベッドに寝そべり今しがたの出来事の感想を述べあいます。

「さよなら夏のリセ」フィリッピーヌ・ルロワ・ボーリューとシャルロット・ワリオのラブシーン03

マリー=ジョーは煙草を吸いながら「後悔してる?」と聞きますがアンヌは歌うような口調で「し~ま~せ~ん~わ~決して後悔なんて♪」と上機嫌です。
・・・青春の日の想い出は甘酸っぱくてなつかしい・・・。

「さよなら夏のリセ」フィリッピーヌ・ルロワ・ボーリューとシャルロット・ワリオのラブシーン04

「ビリティス」同様、このビデオソフトを手に入れるのはかなり困難ですがレンタル店を探し回ればきっとどこかにあるはず。



「さよなら夏のリセ」フィリッピーヌ・ルロワ・ボーリューとシャルロット・ワリオ
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ PVランキング GPRESS

テレビドラマ「大奥」(1983年)より木の実ナナと新藤恵美の逢い引きシーンほか

「大奥」1983年フジテレビ系列で放送された連続時代劇ドラマ。大奥創設期から江戸城開城まで、徳川260年の大奥の歴史の中に生きた女たちの愛と哀しみを描く絢爛たる歴史絵巻。第17話「女の情に蛇が棲む」で大奥の女同士愛憎エピソードが描かれます。

◎主なスタッフ・キャスト
 監督:原田雄一
 木の実ナナ(おせん)
 新藤恵美(お道の方)
 森田理恵(お三輪)
 水島美奈子(お静)
 藤木聖子(おるり)

◎ストーリー
大奥に奇怪な面をつけた女が出没。「もののけ?」と大騒ぎになる中、下働き女中お波(大場久美子)にも魔の手が迫る。お波は、同郷のおせん(木の実ナナ)や怖い顔の御局様(野際陽子)に相談する。大奥にはかつての火事で火傷を負い、面をつけた女たちがひっそり暮らしていると聞き、事情を探るが、事件はますます奇怪な展開に…。おせんとお波は、同じ田舎から大奥奉公に上がった親友同士。お波は御年寄・音羽の部屋子に出世するが、おせんとは変わらぬ友情を誓い合う。折りしも大奥は、真夜中に見目麗しい女中たちが剃刀で顔を切られるという事件で震撼中。面妖な犯人の正体を突き止めるため、音羽の指令でお波は捜査に乗り出すが..。

出典:テレビドラマデータベースほかから引用しました。

風呂場で御半下女中に背中を流させながら大奥に出没するもののけの話を怪談風に聞かせている後ろ姿だが全裸の御中臈。
不意にもののけを真似た顔をして驚かせると「キャーッ」と叫んで背中にすがりつく女中

「大奥 第17話 〜女の情に蛇が棲む〜」大奥女中同士のラブシーン01

それを見て大笑いし「おさよは恐がりですね~、こんなに震えて」とからかいながら女中の手を取り自分の胸にあてがって撫で回させる御中臈。
気持ち良さそうにうっとりしている御中臈だが、その時本当に妖しげな笛の音が鳴り渡って女中が様子を見に行き愛欲場面は中断する。
次の場面では顔を斬り付けられ顔面包帯姿の別の御中臈に別の御半下女中がお粥を口に運んであげるシーンがありますが、口付けを交わしそうな勢いで顔と顔が接近しハラハラします。

「大奥 第17話 〜女の情に蛇が棲む〜」大奥女中同士のラブシーン02

クライマックスになりようやく木の実ナナさん扮するおせんと新藤恵美さん扮するお道の方の密会場面となります。
顔に痣の有るお道の方は「そなたはもう私から離れる事は出来ぬ。機嫌直してこちらへ来やれ」と色っぽい声色でおせんを誘います。

「大奥 第17話 〜女の情に蛇が棲む〜」木の実ナナと新藤恵美のラブシーン0

上羽織りを脱ぎしどけなく畳に腰掛けては「おせん~」とまた甘えた声で誘うとようやく意を決して振り向いたおせんが近づき無表情で帯をほどきにかかります。
そのおせんの手を取り頬ずりするお道の方のシーンにかぶさるようにテーマソング「セフィニ~愛の幕ぎれ」が流れます。

最後に「・・・満たされないものを部屋の娘たちに求めるようになった。でも、その人たちは次々に御中臈や御年寄りの部屋子として引き取られてあたしから去って行った。ひとり、またひとり。みんなあたしを避けるようになった」と恨めしく語るおせんの回想シーンの中で女中達との仲良さげな情景が映し出されます。

「大奥 第17話 〜女の情に蛇が棲む〜」大奥女中同士のラブシーン03

いろいろ調べましたが残念ながらおせんとお道の方以外の女優名・役名が不明です。
どなたかお詳しい方いらっしゃいましたらお教えいただければ幸いです。


TV「大奥」’83年 から新道恵美と木の実ナナのレズ 投稿者 dr0scout1



にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ビアン(ノンアダルト)へ PVランキング GPRESS
(この一行は、各ページ下部に固定表示するサンプルです。テンプレートを編集して削除もしくは非表示にしてください。)
  • SEOブログパーツ